本日 124 人 - 昨日 244 人 - 累計 286270 人

小松明火祭り

8月14日小松明火祭りが行われました。

小松明と書いて(こだい)と読みます。

この行事の始まりは、1759年頃に虫害による大凶作にもかかわらず、年貢米の取り立ては厳しく、緒方郷の農民は一揆を起こし組頭原尻奥乃丞らを打ちました。
こだいは こうした先人達の供養と稲に来る虫除けのために始まったと伝えられています。

今では一夜限りの幻想的なイベントを見に多くの方が訪れるようになりました。
今年は原尻の滝をライトアップして、緒方神楽の演舞が行われました。

小松明1 小松明2 小松明3 小松明4